【ルメッカ】シミを一掃!通称「最強フォト」効果と経過・解説まとめ

 

  • ルメッカの効果がどれくらいあるか知りたい
  • シミそばかすに効果のある治療を探している
  • 1回で肌トーンが上がる美肌治療を探している

 

このようなお悩みに答えます。

本記事ではルメッカについて徹底的なリサーチをした上で、メリットやデメリット踏まえて解説していきます。

 

記事前半では「ルメッカの詳しい解説まとめ」

記事後半では「メリット・デメリット」「こんな人におすすめ」について紹介していきます。

 

ルメッカの効果が気になる・ルメッカを利用するか悩んでいる方は、参考にしてもらえればと思います。

※関連記事:【ピコレーザー】シミ取りをして陶器肌を目指すあなたへ【初心者向け解説ブログ】

通称「最強フォト」のルメッカの効果とは?

ここでは「ルメッカとは何ぞや?」という方向けに解説していきます。

シミ・ニキビ跡・毛穴に効果のある「フォト光」治療

ルメッカは以下の効果が期待できる「フォト光治療」(IPL)です。

  • 濃いシミ、薄いシミ、そばかす
  • 赤ら顔
  • ニキビ跡
  • くすみ
  • 肌質改善、黒ずみ毛穴

光エネルギー効率が他のIPL機械に比べて高く、幅広い効果がある為「最強フォト」と呼ばれる事もあります。

シミは照射後1週間かけて薄くなる

ルメッカはダウンタイムはほとんどなく、翌日から化粧が可能とも言われています。

照射したシミがしっかり反応した場合、シミ部分が一時的に濃くなりますが、1週間かけて薄くなっていきます。

1回の照射でシミに高い効果を発揮

ルメッカは他のIPLよりもパワーが強い為、1回の照射でも目にわかるような効果を発揮する事で有名です。

1〜3回照射でさらに改善が期待できる

ルメッカは1回でも効果が目にわかりやすい機械ですが、できればせっかく行うのであれば

最低でも1〜3回は月1回ペースで続けて治療を行うと良いでしょう。

何回か照射を受ける事により、顔全体のトーンがアップします。

月1回の照射で美肌維持

ルメッカはダウンタイムも少ない治療ですので、特に大きな肌トラブルがなくても定期メンテナンスで照射されている方も多いです。

月1でメンテナンスを入れる事により新しいシミができるのも防いでくれるので、更なる美肌を目指している方にも良いですね。

肝斑シミへは悪化する為事前の診断が必要

ルメッカは「フォト光」治療です。シミを目掛けて直接アプローチするレーザーとは異なります。

シミの種類の中にも、もやっとしたシミの「肝斑」というものがありますが

肝斑シミにルメッカ(光)を当ててしまうと、かえってシミが悪化してしまう可能性があります

カウンセリングの際に自身は照射を行って大丈夫そうか、必ず医師に確認しましょう。

ルメッカの効果とは?まとめ
・1回の照射で顔全体のシミに高い効果を発揮
・1〜3回の照射で改善が期待できる
・シミ、ニキビ跡、小ジワ、毛穴に効果のある「フォト光」治療
・肝斑への照射は悪化する為事前の診断が必要
・月1回の照射で美肌を維持できる

ルメッカと他のIPLフォト光治療機械との違い

ピークパワーが業界最大

光フォト治療(通称IPL)はルメッカ以外にも様々な機械があります。

ルメッカの最大の特徴は

「ピークパワーが他の機械に比べて最大」

という事。

通常IPLエネルギー効率10〜15%と言われていますが

ルメッカはエネルギー効率40%を実現しています。

ルメッカは薄いシミへの効果も期待できる

業界最大のピークパワー実現によって

  • 薄いシミ、表面に出てきていないシミやそばかすにも作用し明るい肌へ導く
  • 赤ら顔にも効果が期待できる

などの効果が期待できるものとなっています。

ダウンタイムはほとんどなし

ルメッカはダウンタイムがほとんどないという事でも知られています。

  1. ルメッカ照射
  2. 翌日からメイク可能
  3. シミが反応した部分は一時的に濃くなった後1週間程で薄くなる

といった感じですね。

シミ治療の中には、反応した部分が傷口のようになってしまう事もあるので、ダウンタイムがなく翌日から化粧もOKなのは嬉しいですね!

ルメッカSNS経過症例

この投稿をInstagramで見る

 

Hilla, RN, BSN(@nursehilla)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

SPA’cial YOU(@spacialyou)がシェアした投稿

施術時の痛みと麻酔について

美容医療に痛みはつきもの、というイメージですが

やっぱり痛いのはちょっと怖いですよね。

ルメッカはどのくらいなのかをみていきましょう。

痛みは「ゴムではじかれるようなパチパチ」する程度が一般的

痛みはゴムではじかれる程度のものと言われています。

痛みに関しては個人差がかなり出るものですが、医療脱毛を経験した事がある方は問題ないと思います。

麻酔は基本「なし」の所が多い

様々なクリニックを調べてみましたが、麻酔はなしの所が多かったです。

麻酔をするほどの痛さではないという事が分かりますね。

 

ルメッカは医療機関での対応となる為、基本的にはほとんどのクリニックに麻酔自体は取り扱いがあるはずなので

痛みに弱くどうしても麻酔を塗って欲しい場合はカウンセリングの際に相談してみましょう。

ルメッカ施術前後の準備について

前日に顔全体の剃毛を忘れずに

他のレーザー治療でもそうですが、前日は顔全体の剃毛を忘れずに行うようにしましょう。※クリニックから指示がある場合もあります。

施術前も保湿を十分に行い肌の水分量を上げておく

  • お肌の水分量・保湿力をあげる

ことは大事な部分になります。

照射後は肌がとっても感想する為、できるだけ土台を整えておきましょう。

施術後の保湿はマスト!肌を労わろう

施術後は絶対にスキンケア・保湿を頑張ってください!!

肌が乾燥する為、しっかり行わないと思わぬ肌荒れに繋がってしまいます。

ニキビ跡等にも効果がある美肌治療なので、新たな肌荒れ要因は未然に防いでいくと良いですね。

ルメッカ・ダウンタイムについて

上でも触れていますが、ルメッカはダウンタイムがほとんどありません。※保護テープ等は不要

  1. ルメッカ照射
  2. 翌日からメイク可能
  3. シミが反応した部分は一時的に濃くなる
  4. 濃くなった部分は瘡蓋等になり1週間程で自然に剥がれ落ちる

ざっくりとこんな感じです。

翌日には化粧もOKとしているクリニックが多かったですね。

※ただし、1週間は肌の刺激を最小限するに越した事はないので、特に予定がない場合はすっぴんで過ごす方がおすすめです。

照射に反応したシミは一時的に濃く浮き上がってくる為、大事な予定の前は避けた方が良さそうです。

ルメッカのメリット・デメリット

メリット

  • 1回の施術で広範囲のシミを改善する効果がある
  • レーザートーニングや他の光フォト(IPL)機械に比べて効果の出方が早い
  • シミ・そばかすだけでなく、肌質改善もできる
  • ダウンタイムがほとんどなく、翌日から化粧が可能
  • 3回で全体的なくすみが改善される為コスパが良い※トーニングは平均10回前後

デメリット

  • 肝斑シミへの照射は悪化する為適切な診断を受ける必要がある
  • 反応したシミが一時的(1週間程)に濃くなるので、予定の調整が必要

ルメッカはこんな人におすすめ

ルメッカの特性を踏まえて、こんな方におすすめです。

 

  • 顔全体にそばかす・シミをある為、1回で一掃したい
  • ダウンタイムがないものが良い
  • 肝斑シミはないと診断を受けている
  • 肌質改善も同時に行いたい
  • 少ない回数で効果が見える治療を探している
  • 今後のシミ予防対策の治療を探していた

 

ルメッカは今までのフォト光IPL機械よりもパワーが強い為、少ない回数で広範囲に効果があるのは嬉しいですよね。

1回試しに受けてみるだけでも効果がある為、シミ治療をやりたいけど何やれば良いか分からない!という方におすすめです。(肝斑シミ以外)

SNS口コミ

ルメッカ薄いシミが少し反応してる〜!瘡蓋っぽく黒くなってる!
でも、気づかなかったような小さーいシミは反応するのに、目的のところは反応してない感じ。

毎月美容皮膚科に通うのを趣味としている私がおすすめする治療はルメッカとミラノリピール
(ダーマペン水光注射ジェネシスブラックダイヤモンドピールマッサージピールフォトシルクプラスとか色々やった結果)

ルメッカ当ててきたんだけど、すでに薄かったシミが濃くなってきてる笑顔スライドを使いながら詳しく説明してくれた上にルメッカの出力の確認もしてくれたしとても丁寧なクリニックだったな…

今日はルメッカしてきました〜!痛みはレーザーフェイシャルとかと同じ感じ。
産毛が焦げて無くなったからかトーンアップはしてる。今のところ私の薄いシミは全く反応せず。1週間後に期待目がハートの笑顔

ルメッカ初体験〜
もともとシミが薄いから、何もしてこなかったけど、そんなシミにも効果があるらしいと聞いて施術。
すでに浮いてきてるー!!

2回目はレベル上げるぞ!

ルメッカ取扱いクリニック【東京・大阪】

美容皮膚科によって、取り扱っている機械が異なりますが、ルメッカは日本各地にクリニックがある東京美容外科で取扱いがありました!以下が料金表です。

医師照射も選択できるのは良いですね!

クリニック名 顔全体(シミor赤ら顔)
初回 2回目以降 1回
東京美容外科 25,300円(税込) 30,800円(税込)
※看護師照射
16,500円(税込)
※看護師照射
44,000円(税込)
※医師照射
33,000円(税込)
※医師照射

東京美容外科【東京大阪をはじめ各地に展開】

ルメッカ取扱がある東京美容外科ですが、以下の6院で施術が可能との事。

銀座 大阪梅田 名古屋
青森 仙台 広島福山

詳細ページ

ルメッカフォトの気になるQ&A

痛みはどれくらい?

設定にもよりますが、輪ゴムがパチンとはじかれる程度と言われています。

ダウンタイムはどれくらい?

保護テープを貼るようなダウンタイムはほとんどないです。

照射後1週間かけて反応したシミが濃くなり瘡蓋になって剥がれ落ちます。

肌の凹凸・クレーター肌も改善できる?

クレーターの改善は難しいです。表面の肌質改善には効果が期待できます。

肝斑のシミ治療はできる?

ルメッカは肝斑への照射はシミが悪化する可能性があります。肝斑のシミはピコトーニング等の治療を検討した方が良さそうです。

まとめ:ルメッカは幅広い肌悩みに効果がある

以上、【ルメッカ】シミを一掃!通称「最強フォト」効果と経過・解説 についてまとめました。

ルメッカのメリット・デメリットは簡単に以下です。

 

  • 1回の施術で広範囲のシミを改善する効果がある
  • レーザートーニングや他の光フォト(IPL)機械に比べて効果の出方が早い
  • シミ・そばかすだけでなく、肌質改善もできる
  • ダウンタイムがほとんどなく、翌日から化粧が可能
  • 3回で全体的なくすみが改善される為コスパが良い※トーニングは平均10回前後

 

 

 

  • 肝斑シミへの照射は悪化する為適切な診断を受ける必要がある
  • 反応したシミが一時的(1週間程)に濃くなるので、予定の調整が必要

ルメッカは幅広い肌悩みを解決に導いてくれる美肌治療なので

「何か肌治療をしたいけど、何をして良いかよく分からない!」

という方は特におすすめです。

 

自分の肌状態を知る事も大事なので、かかりつけ医師と相談しながら治療内容を決めてみてくださいね。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 


東京美容外科(ルメッカ)
【ピコレーザー】シミ取りをして陶器肌を目指すあなたへ【初心者向け解説ブログ】

おすすめの記事